読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

slipstreamboy’s diary

就活中の大学生が、包み隠さず話します。素通り厳禁!

11/23のダイアリー

今日はインテックス大阪での就職イベントへ(孤独で)参加した。

 

朝、バスで千里中央→梅田→バスでインテックス大阪

というルートなのだが、バスで横に座った男子学生に勇気を出して「どこの大学ですか?」と話しかけた。阪大だったから、自分もです、と返して話しながら移動した。

 

人間科学部だったので、いろいろ楽しい話が聞けた。

吹田キャンパスだが、工学部とは結構離れていて、男女比がほぼ1:1らしい。

羨ましい。

 

着いてすぐ、とてつもない行列が見えた。

見て、すぐ嫌な気分になった。だがそんなに長い時間待ったわけではない。

最初の講演は、予約していたのに立ち見になった。おかしい。何のための予約だ?

業界はまだ絞らずいろいろ見るべきという内容だった。

 

企業の個別ブースのコーナーでは人事部の美人な人たちに話しかけられ、少しいい気分。どこの企業も必死だね。

とにかく誘ってくる。自分は工学部の仕事は何か、という質問をし、

「工学部はめっちゃ必要です!」という企業には目を向け、「文理問いません!」という企業には断りを入れた。

 

この作戦はいいのだろうか?

 

ちなみに帰りのバスの隣は、女子。2人組(自分が窓側の席に座り、女子コンビが、自分の横、つまり通路側の席と補助席)だった。彼女らは彼氏がどうの、という話をしていたので、絶対話しかけられない。どうも話を聞いてると、彼氏と家族ぐるみの付き合いのようだ。

 

いいなー。