読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

slipstreamboy’s diary

就活中の大学生が、包み隠さず話します。素通り厳禁!

3/21のダイアリー

今日は放送局の2次採用試験だ。

10時に集合のところ、9時半すぎぐらいに到着。今回もトップ到着。

 

10時10分から、筆記試験(75分)。

内容は、いやらしい計算問題、電波の問題(こんなもんわかるか!)、通信の問題(知らん!)。

お弁当が支給され、午後から面接。面接の待合室では社員が和ませようとしている。この点はABCの時と変わらない。

今日の部屋には技術職のみ。9人いた。この中から何人採用するんだろう。

名古屋大の院生が2名。他の人の出身大学はさっぱりわからない。ライバルはこの人たちと見ていいだろう。

 

面接が始まった。面接官は年配の男性7名。個人面接なのに、7人は多くない?

パワーエレクトロニクスを勉強していると言ったところ、「中部電力は受けないのですか?」と聞かれた。ここで、ABCの時の失敗を思い出す。あの時は、「他にメーカーを受けます。」と言ったところ、放送局へのこだわりがない人という見方をされてしまい、そのあとの面接の雰囲気は冷え切っていた。今日は「ここで落ちたら受けます。」と少しウィットを効かせて返事をした。面接官は苦笑いを浮かべていた。

 

経験上、

落ちる面接:

①無言の時間が流れる

②面接官はメモをしない

受かる面接:

①どうでもいいことに”やたら詳しい”説明を求める

②面接官が笑う

③「だよねー。」「えー、そんなことがあったの」など、相づちが帰ってくる

 

だと思っている。と言っても、面接の経験が多くないのでわからない。

とりあえず、雰囲気は良くなかった。ただ、頑張ったし、失言はしていないつもりだ。

微妙...

 

他の人のエントリーシートがチラッと見えた。

みんなぎっしり書いている。

自分のはスカスカだ。なぜ自分はここまで進んだのだろうか。